2012年09月02日

有病高齢者、抜歯前の注意事項について、教えて下さい。

質問
はじめまして
 有病高齢者の抜歯前の注意事項について教えて下さい。


回答
安原歯科医院・安原豊人先生
 もちろん基礎疾患の種類によって注意事項や対応が異なります。
 一般に日本では高齢化社会の到来に伴い、心臓病や脳卒中の患者が増加しています。そのため心疾患や脳血管障害の患者さんの歯科受診も増加し、診療にあったっては注意が必要になっています。特に、これらの患者さんで、抗血栓薬を服用している場合には慎重な対応が必要です。例えば、虚血性心疾患の治療の一つであるステント療法は、冠動脈の狭窄部位に特殊な合金による金属を網目状にしたステントを血管の内部に入れ、内側から補強し、病変部を治療します。患者さんは冠動脈に挿入したステントに血栓ができて、再狭窄しないように、治療後にアスピリンなどの抗血小板薬を服用しています。
 また、心房細動の患者さんは、心臓内に血栓ができ、これがはがれて脳動脈を詰めると大きな脳梗塞を引き起こします。心原性脳塞栓症を起こした患者さんは再発防止のためにワルファリンを服用しています。
 抜歯などの歯科外科処置時に抗血栓薬(ワルファリン、抗血小板薬)を中断するか継続するかが長年、議論されてきましたが、最近は、適切な局所止血処置の下、抗血栓薬を継続したままでの抜歯が推奨されるようになってきました。根拠もなく抜歯時の出血を恐れ、抗血栓薬を中断することはかえって危険であることが考慮されるようになっています。そこで口腔外科医による、適切な止血処置と術後管理が必要となってきています。
 また、一方高齢化社会の到来により、骨粗鬆症でビスフォスフォネート系薬剤を服用している女性の方が増えてきました。ビスフォスフォネート(BP)製剤を服用中の方が、抜歯などの侵襲的歯科治療を行った後に、顎骨壊死を引き起こすことが稀にあります。最近の見解では、経口BP製剤投与中の患者に対しては、抜歯などの侵襲的歯科治療を行うことについて、投与期間が3年未満で、他にリスクファクターがない場合はBP製剤の休薬は原則として不要であり、口腔清掃後侵襲的歯科治療を行っても差し支えないと考えられています。投与期間が3年以上、あるいは3年未満でもステロイド投与などのリスクファクターがある場合には判断が難しく、処方医と歯科医で主疾患の状況と侵襲的歯科治療の必要性を踏まえた対応を検討する必要があります。
 他にも、肝機能障害や糖尿病などの基礎疾患がある方は、術後の出血や治癒不全などに注意が必要です。
 歯科口腔外科の専門医であれば、有病高齢者の抜歯に対して、知識や経験が豊富ですのでご安心ください。
posted by くりおね at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

妊娠中でも治療は可能でしょうか?

質問
妊娠5ヶ月になる妊婦です。
 2週間前から5年以上前に神経を取って被せ物をした左の一番奥の
歯が疼き、地元の歯医者さんにかかった所安定期になるまでレントゲ
ンは撮らない方が良いと言われ我慢しておりました。
 その間頬が腫れて、数日後おさまったりと不安定な状態だったので
すがやっと昨日、レントゲンを撮って頂いた所、神経に詰める薬が少な
かったらしく膿の袋が出来ていました。
 大きさも大きく、根の治療で治せる可能性は低いと抜歯の話も出て
(妊娠中なのでするとしても出産後と)とりあえず根管治療をしてみま
しょうと言われたのですが抜歯への抵抗と、治せる可能性が低いとは
っきり言われてしまった事で不安になりました。
 そして昨日触られてからまた患部がずきずきと疼きはじめ、今も少し
辛いです。
 職場は御茶ノ水なので通えるものなら通いたいと思っておりますが
妊娠中でも治療は可能でしょうか。(お薬の兼ね合いで…)

墨田区 両国インプラントカウンセリングセンター 蛭間 重能 先生
お答えいたします。今は何もしないほうがよいのかもしれません。出産されてから根の治療をされたほうが良いのかもしれません。
タグ:妊娠中
posted by くりおね at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

このぐらいの出っ歯の矯正はいくらかかりますか?(13歳女性)

質問
中1女子です。
 周りから出っ歯といわれ虐められて来ました。
 笑顔も見せるのが辛く、写真を撮るときはいつも硬い表情で撮っています。
 写真を貼り付けましたが、このぐらいの出っ歯の矯正はいくらかかりますか?
 親には迷惑かけたくないし、お金もない貧乏なので、高校になったら自分で稼いだりして、矯正を買うつもりです。
1.jpg



はしもと矯正歯科の橋本公志先生
文面から判断すると、最大の関心事は費用の様なので、まずはその点から。
 当院では、費用に関して歯並びの不正の程度で大きく変わることはありません。
 具体的な数字は、
 http://hashimoto-ortho.net/kakaku/index.html
 にありますように、検査、基本施術料、再診料、消費税など全ての合計が約750,000円程度で、分割して頂く事も可能です。
 さて、文面では歯に関する事で随分悩んでいるように感じられます。
 けれど、こと歯に関する限り、解決できることは多いと思います。
 現在の年齢と、写真から判断できる歯の生え具合からすれば、すぐにでも矯正治療の開始はできないことでは無いと思いますが、経済的な問題は、キチンと目処をつける必要があります。
 貴方の中学1年という年齢で、自分から解決しようという志はとても立派だと思います。
 同じ年頃の多くの患者様は、「自分ではさほど気にならないけれど、親に連れられて・・・」といって治療している人の方が多数派ですから。
 けれど、たとえ高校生になったとしても、費用の全額を自分で負担するのはかなり大変かと思います。
 ですから、「迷惑はかけたくない・・」という貴方の思いは分かりますが、まず、親御さんに相談する方が良いかと思います。
 たとえ費用を負担したとしても、常識的には治療開始に親御さんの承諾が必要になりますし、費用以外にも家族の協力は必要になると思います。
 それから、貴方は主に出っ歯のことを気にしている様子ですが、矯正歯科医というより歯医者の視点で写真を見ると、まず必要なのは、歯並びの治療ではなく、毎日のキチンとした歯磨きでしょう。
 正直この状態では、矯正治療の開始(矯正器具の取り付け)は困難です。歯磨きの改善をせずに開始すると、歯並びは直っても、直る頃には虫歯と歯肉炎で大変な状態になるかもしれません。
 歯磨きの指導や、歯肉炎の処置は一般歯科で、健康保険が適用されますので、それほど高額な費用が掛かることもありません。
 歯並びの治療という、期間も費用も掛かる大仕事の先に、まずはお口の中を健康な状態にしてゆきましょう。これにはさほどの費用も期間も必要ありません。毎日使っている歯ブラシだけです。それだけでも、貴方の笑顔はずっと素敵になると思いますよ!
posted by くりおね at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

矯正治療の疑問

質問
・私には八重歯があり、上の前から2番目の歯が、後ろに下がっており、下も前歯四本が極度の凸凹で、矯正する事を考えています。そこで質問なのですが、上の親知らずが左右生えてきているのですが、矯正する場合は必ず抜くものなのでしょうか?もしそうなら、矯正治療を始める前に、かかりつけの歯科で抜いてしまおうと思うのですが…。
矯正でも抜歯ケースになる…と思うと、少し不安です。お金もかかるし、まだすぐには治療出来るか分からないので、親知らずを抜く必要があるなら、事前準備として考えてみようと思っています。

青山骨董通り矯正歯科・東海林貴大先生の回答
八重歯に上下凸凹があるということで矯正を考えられているということですね。
前歯の凸凹や八重歯は見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病の原因になり
さらに、前歯が機能しないことによって奥歯やあごや全身のバランスに負担をかける可能性があります。
矯正治療を行うことによりそれらの問題点が解決するので治療を行うことは とても重要です。
また、親知らずに関しては必ず抜かなくてもいけないということではありませんが
歯並びやかみ合わせに問題を与えている場合は抜歯が必要になります。
矯正治療では凸凹がとても大きかったり、口元の突出が強い場合に、必要に応じ、
小臼歯といわれる前から4番目あるいは5番目の歯も抜くことがあります。
親知らずと小臼歯の抜歯が必要になった場合は、たくさんの歯を抜かなくてはいけないので
歯科治療が苦手の場合は躊躇することがあると思いますが、その場合は鎮静法という、
仮眠している状態で抜歯すれば負担はかなり軽減します。
矯正治療は大変なことも多いですがそれ以上にきれいな歯並びと、正しいかみ合わせは
一生を通じてメリットがあるので、ぜひ前向きに検討してみてください。

■私の体験談

きれいな歯並びになってとっても嬉しいです。移動している間は痛みやしゃべりづらさもあり、つらい時もありましたが、やって本当に良かったです。
歯の手入れをしっかりして大切にしていきます。
本当にありがとうございました。 M.T

M.T さま
歯の状態が悪かった右上奥歯を抜歯して有効的に隙間を使って治療ができてよかったです。
これからもケアをがんばりましょう。



タグ:矯正治療
posted by くりおね at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。