2012年03月29日

歯根嚢胞の摘出。再発はしないのですか?

質問
 30年近く前に治療済みの、右下の第一大臼歯です。5年前にパノラマ写真を撮って貰った時には、異常はありませんでした。
 最近、違和感を感じて、レントゲンをとってもらったら、歯根膿疱と言われて全麻下で手術を行なってもらいました。歯根端切除で、病理診断の結果待ちです。
 痛みも無く気付いた時には、中の骨が舌側に4センチなくなていたみたいです。骨の再生は、すぐには無理だろうといわれました。
  歯根嚢胞は、再発はしないのですか?

安原歯科医院・安原豊人先生の回答

 一般に大きな歯根嚢胞を摘出した時は、閉鎖創にしていると再発しやすいものですが、開放創に変更すれば再発することは少なくなります。
  個々の状況に応じて、術式が選択されます。ご担当の先生の方針で問題ないでしょう。ご安心ください。
posted by くりおね at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

舌の裏がひりひり、3個の口内炎。早く治る方法はありますか?

質問
口内炎のことで、ご相談があります。
 3日前から舌の裏がひりひりしていて昨日痛みだしたので、見てみたら舌の裏側に3個の口内炎ができていました。
 1つは赤くて切れているみたいで。2つ目は白く、ものすごく痛みます。3つめは舌の奥のほうでよく見えません。 初めて舌の裏にできて、しかも歯にあたる場所なのでしゃべったり食べたり歯磨きをすると注射針が刺さってるようなそんな痛みを感じます。
 早く治る方法はありますか?

安原歯科医院・安原豊人先生の回答

 レーザーを照射すると一般に治癒が促進され、痛みの軽減につながりますが、口内炎の塗り薬を日に5,6回毎食後と寝る前には必ず、とにかく頻繁につけることをお勧めいたします。

 まじめに塗布すれば、通常2,3日で治癒します。
posted by くりおね at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

親知らずが「水平埋伏智歯」状態です。パニック障害持ちでも大丈夫でしょうか?

質問
 左奥下の親知らずが「水平埋伏智歯」状態になっており、近いうちに抜歯を考えています。
 ただ私の場合、パニック障害も持っており、同じ症例の抜歯の状況を聞くと、抜歯の途中でとても我慢出来そうにありません。今でも抜歯のことを考えると動悸がします。
 「笑気吸入鎮静法」を導入されているとのことですが、パニック障害持ちでも大丈夫でしょうか?
 ちなみに通常の歯の治療は、何度も経験していますが、パニック障害も出ていません。

安原歯科医院・安原豊人先生の回答

 笑気吸入鎮静法が有効です。パニック障害の患者様も多数通院治療中です。お気軽にご相談ください。
 親知らずの抜歯においても、患者様の恐怖心を取り除くために、笑気吸入鎮静法を取り入れております。ただ、痛みの感じ方は、人それぞれですので、その方にあった麻酔法で治療を行っております。
 私どもスタッフにとって、あなた様のような歯科恐怖症の方が、安心して治療を受けていただけることが、この上ない喜びです。まずは、ほんの少しの勇気を持ってご予約ください。

ラベル:親知らず
posted by くりおね at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 親知らず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。