2012年04月26日

矯正治療の疑問

Question
はじめまして。15歳、高1、です。歯並びを裏側矯正で直したいのですが、私の歯並びは前歯が2本通常より出ていて、前歯の次の歯が左右共引込んでおり、その次の歯も左右両方八重歯になっています。
口も意識してないと閉じていられません。意識して閉じていても前歯と八重歯が邪魔で完全に閉じられず、舌を納めるのが大変で、ちゃんと口が閉じられません。なので、普段口呼吸になってしまっています。
前の歯6本と下の歯は噛み合わせが合ってなくて、前歯で物が噛めない状態です...。
そして、私のような歯並びで裏側矯正だとキレイな歯並びになるのにどの位の時間がかかりますか?
よかったら教えてください。お願いします!!


Answer
前歯に八重歯と凸凹があり口元が突出していて閉じにくいとのことですね。
凸凹や八重歯は見た目の問題もあり、さらに虫歯や歯周病の原因にもなります。
また、口呼吸は虫歯や歯周病の原因になりやすいだけではなく免疫力の低下や中耳炎などになりやすいともいわれています。
裏側矯正できれいな歯並びと正しいかみ合わせにすることによりそれらの症状を改善することができます。
さらに、上の前歯を後退させることにより前歯で物が噛み切れるようにもなりますので
胃腸への負担も減るなどのメリットも考えられますので、ぜひ、前向きに検討してみてください。
治療に要する期間はおよそ2年間程です。
(青山骨董通り矯正歯科院長 東海林貴大)
ラベル:矯正治療
posted by くりおね at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

歯もトリートメント

みなさん、むし歯の治療が終わってからも、定期的に歯医者さんに通い、歯のお手入れしていますか??


実は、髪の毛のトリートメントと同じように歯もトリートメントができるんです!!


歯の表面には、目に見えないほどの細かな傷がついています。

それを修復し、歯の表面がツルツルになると、 

「プラークやステイン(着色)がつきにくくなる」

「汚れが付いてしまっても、落としやすくなる」

など、よいことがあります。


髪の毛のお手入れのように、歯のトリートメントケアもぜひ習慣にしてみてくださいね!!







posted by くりおね at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

一般歯科での矯正と矯正専門の先生のする治療内容やレベルは、同じなのでしょうか?違いがあるとするならどういう所でしょうか?

質問
 私の家の近くの一般歯科でも矯正をしている様です。
 先生の様に矯正専門の先生のする治療と治療内容やレベルは同じなのでしょうか。違いがあるとするならどういう所でしょうか。

 治療費は専門医の方が高いのではと思ってしまうのですが、どうですか。
 私は、自分の身体の事だから治療費は少々高くなっても良い治療を受けたいと思っているのですが、アドバイスして下さい。

タニ矯正歯科クリニック・谷先生の回答

ご質問の矯正治療の件ですが、現在法律上は歯科医師であれば誰でも矯正治療を行っても問題ありません。
 ただ矯正治療をするための専門的な勉強やトレーニングは
 (1)大学を卒業してから大学の矯正歯科で勉強をし、トレーニングを受ける
 (2)矯正専門医の先生の所で勉強し、トレーニングを受ける
 (3)矯正専門医やメーカーのセミナーを受ける
などが考えられます。

 ただ(3)のセミナーは単発で行われる事が多く、長い治療期間を必要とする矯正治療を修得することは難しく、ある程度矯正治療の経験のある先生を対象とした新製品やテクニックのセミナーが多いと思われます。
 (1)、(2)の機関で一定レベルの期間研修を受け、矯正に対する知識、技術、臨床経験を有する先生を診査して合格すれば認定する。大学(歯科大学や歯学部)や矯正専門医、一般の先生も含めた日本矯正歯科学会の認定医制度があります。これなどは矯正治療を考える上で1つの参考となるでしょう。
 先日もテレビでインプラントの問題が言われていましたが、治療自体はすばらしいのにその適用などに問題があると治療もだいなしです。

 治療費に関して見てみると専門医の先生は卒業後それだけ多くの時間や費用、労力をかけておられるので一般歯科での矯正治療よりも高いと思いますが、それにはそれだけの理由があると思われます。
 貴方のおっしゃる様に大切な身体の事ですから(特に歯の場合は再生がほとんどありません。)よくお考えになられた方が良いと思います。

 また、最近はいろいろな治療法や装置がありますから貴方の治療に適し、貴方の希望にもある程度添えるものを選択されればよいと思います。

 どんなにすばらしい装置や治療法でも各々適応、非適応がありますから何でもかんでもこの装置、方法と言った事をしてしまいますとそれこそ色々な問題を起こしてしまいます。極端な報道やコマーシャルに迷わされずに専門医の先生によくご相談されてみてはいかがでしょうか。





posted by くりおね at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。