2012年07月23日

親知らず抜歯後の隣の歯の知覚過敏

質問
親知らず抜歯後の隣の歯の知覚過敏について教えて下さい。
 真っ直ぐに生えていた左下の親知らずの抜歯後3日目あたりから隣
の歯(抜いた隣です)にしみる痛さを感じるようになりました。
 歯医者さんで薬を塗って頂きましたが、すぐに取れてしまった様です。
鏡で見るとロウソクのロウが固まった感じに見えました。
 先生は歯根が見えてたり今まであった壁になってた歯がなくなったの
で、3週間程でよくなるとおっしゃっていましたが、万が一はその歯の神
経を抜くと説明でした。
 自分で調べるとこういう事はよくある症例なようですが、虫歯にもなっ
ていない歯の神経を抜くのはとても悲しいです。 一般的にそこまで神
経を抜くまでならなく治癒される方が多いのでしょうか?
 宜しくお願いします

安原歯科医院 安原豊人先生の回答
同様のケースで、知覚過敏を生じることがよくあります。ご担当の先生のおっしゃるように通常、2〜3週間で、抜歯窩の治癒と歯質の再石灰化によって症状が消失してくるのが普通です。
 当院では、フッ化物のイオン導入法や、ご家庭ではシュミテクトなどの知覚過敏用の歯磨き粉を使用することによって早期に改善が可能なことが多いものです。
 ただし、親知らずのせいで、前方歯がすでに実質欠損を伴っている場合には、症状がなかなか消えないことも多く、抜髄を余儀なくされるケースもあります。
 ご担当の先生と治療方針についてよくご相談されることをお勧めいたします。

posted by くりおね at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。