2012年06月22日

親知らずの抜歯と後戻りの関係  

質問
 親知らずと歯並びについて。親知らずは抜歯をしないと矯正をしたとしても、また歯並びが悪くなってきてしまうのでしょうか?(千葉県31歳男性)
 親知らずと歯並びについて質問があります。
 矯正前、もしくは、矯正後に、親知らずは、抜歯をしたほうがよいのでしょうか?
 私は、上の親知らずが左右とも7番の歯を押すように横向きに生えています。左上は埋伏歯、右上は、半埋伏歯の親知らずです。
 親知らずを抜歯してもらうために、国立病院の口腔外科でCTを撮って診てもらったら、根元が上顎洞に触っており、「抜歯をすると上顎洞炎になる可能性がある」と診断され親知らずを抜くことをやめました。
 抜歯をしようと口腔外科に行ったのも、矯正をしようと思ったからなので、もし私が矯正をする場合、親知らずは抜歯をしないと矯正をしたとしても、また歯並びが悪くなってきてしまうのでしょうか?
 私は、親知らずを抜けないので矯正をしようかどうか非常に迷っています。
 よろしくお願いします。

広瀬矯正歯科院長・広瀬豊先生の回答

 親知らずの抜歯と後戻りの関係についてお悩みのようですね。
 基本的には親知らずの抜歯は、矯正治療が終わった保定期間中に口腔外科へ依頼します。
 すぐに抜くのではなく様子を見ながら、状況に応じて決めるようにしています。
 確かに親知らずが後戻りの原因になることはありますが、必ずしも親知らずだけが原因ではありませんので、無条件で抜くということはありません。
 明らかに前方に押すような向きに生えている場合でも、後戻りなく安定していることもあります。
 また、例外的に奥歯を後方移動する場合は移動の前に抜歯します。
 親知らずの抜歯については、矯正医によって多少考え方に違いがありますから、治療をお願いする先生に詳しい話を聞かれることをお勧め致します。


posted by くりおね at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

歯茎付近の激しい痛み、食べられなく、原因不明です。

質問
 口の中の右下の歯茎付近の激しい痛みで、食べ物も食べられない状況が続き、歯科、神経内科、口腔外科と回りましたが、原因不明で痛み止めだけ飲んでいました。
 検査内容はレントゲン、血液検査、CT、です。どれも異常が無いとのことでした。
 激痛ではないのですが、常に痛いような感じで、最近になってレントゲンを良く見ると歯茎内の○○骨(←鳥の名前のような…)が伸びていての痛みか…といわれました。
 前回はミオナール、今回はエベリナール錠を服用していますが、まだ改善されません。何か他に考えられる様な事はあるのでしょうか?

安原歯科医院・安原豊人先生の回答

 もちろん診察してみないとわかりませんが、顎関節症や舌咽神経痛さらに茎状突起過長症という疾患の可能性があります。茎状突起過長症は、イーグル症候群とも呼ばれるものです。

 一般的に、症状は嚥下時疼痛、耳介へ放散する鈍痛、咽頭部異物感、圧迫感、食物の咽頭部停滞感などです。茎状突起-頚動脈症候群では、顔面痛、頭痛、ときに肩こりなども含まれます。本来、茎状突起の長さは2.5pまでを正常と考えられますが、2.5pを超えるものは約4%で、さらに症状を有するものはさらにその4%程度とされています。疑いがあれば、]線検査で確認されます。耳鼻科が専門になります。

 また、舌咽神経痛は舌の後方1/3や咽頭部の感覚をつかさどる舌咽神経(第\脳神経)に生じる神経痛です。臨床像は顎関節症に酷似しておりしばしば、顎関節症と誤認されやすいものです。舌咽神経の支配領域である舌の後方1/3、耳(鼓膜)、下顎角、咽頭部にかけて発現します。

 このため患者さんは顎関節が痛いと自覚することがあります。疼痛発作は、あくび、嚥下などの顎運動によって誘発されるため、患者さんは「大きく口を開けると痛い」と訴えます。電気をかけられたようにビリビリしたとか、針を何十本も刺し込まれたとか表現される発作激痛で、持続時間は数秒から数分です。激痛発作は、食事、会話、咳、笑い、あくびなどで誘発されることが多いものです。特に嚥下時に発現することが特徴で、夜間睡眠時にも発作が起こります。

 発作性神経痛の10%は脳腫瘍、多発性硬化症などの中枢性病変に起因する(症候性神経痛)といわれています。特に若い人の場合は、要注意です。一度脳神経外科にてCT、MRIで検査を受けられることが必要です。
 治療には、効果は一時的ですが、抗痙攣薬のテグレトールやアレビアチンがもちいられます。根本的には、神経血管減圧術(Janetta法):後頭蓋窩において舌咽神経起始部を圧迫している小動脈を遊離、減圧することにより、神経に損傷を与えることなく、また後遺症を残さず症状を消失させることが可能です。
 もしも、同様な症状があるようでしたら、神経内科や脳神経外科を受診されることをお勧めいたします。

posted by くりおね at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

歯科医が教える・歯ぐきを指でマッサージする方法

口臭、虫歯、歯周病の対策として、自宅で簡単にできる方法はないものでしょうか?

歯学博士で口腔(こうくう)衛生・口腔外科がご専門の江上歯科(大阪市北区)院長・江上一郎先生にお話を伺いました。

■歯ぐきの血流を促して組織を活性化



「口臭や虫歯の原因に、『歯周病』と『唾液(だえき)の不足』が大きくかかわってきます。

歯周病とは、歯の周りの疾患の総称です。

歯周病の症状には、歯ぐきから血が出る、歯ぐきが腫れる、歯ぐきが膿(う)む、歯ぐきが黒ずむ、歯ぐきが痛む、歯がぐらぐらしてくるなどがあります。

唾液(だえき)は口の中を掃除する働きがあるので、ストレスなどで唾液(だえき)の量が減ると、口臭や虫歯のもとになります」と江上先生はまず、口の中の健康について説明します。

次に、そうなることを防ぐためには、

「歯ぐきの血行を促すことが重要です。
肩こりや腰痛も、血流が悪くなると起こりやすくなるでしょう。それと同じで、歯も歯ぐきという筋肉によって支えられていますので、血液循環を促して歯ぐきの働きを活性化する必要があります」と江上先生。

肩こりや腰痛に例えると理解しやすいですが、続いて江上先生は次のように話します。

「朝起きたとき、関節や筋肉が硬くなって痛いことがあるでしょう。歯ぐきも寝ている間に老廃物がたまり、血流などが滞ってむくみが出ます。
口腔(こうくう)の状態が悪くなると、歯ぐきの免疫力が弱ってくるのです」

歯ぐきの血行を促すには、どうすればいいのでしょうか。

「人さし指で、歯ぐきのマッサージを行いましょう。
歯ぐきには毛細血管が無数に通っています。マッサージをすると血行がよくなって、滞っている不純物を排出することができます。
歯ぐきの場合、少し刺激を加えることでそれらの効果が得られます」(江上先生)



■バスタイムに1日1回、なでるように

ここで、「人さし指で歯ぐきマッサージ」の方法を教えていただきましょう。

1.手をきれいに洗う。
2.歯磨きをして歯の汚れを除く。
3.人さし指の腹で、歯ぐき全体をゆっくりとなでる。下側の左奥から中央へ向かって2〜5回、右奥からも同様に。次に上側の左奥から、右奥から同様に。
4.歯と歯ぐきの境目をていねいにマッサージ。指はつまようじではないので、つめを立てて歯ぐきを傷つけないように注意しましょう。
5.歯ぐきと唇、歯ぐきと頬(ほお)の境目部分をそれぞれ2〜5回マッサージ。

いずれも、刺激をし過ぎないで、なでるように優しく行いましょう。

マッサージのタイミングや回数について、江上先生はこう話します。
「いつでもいいのですが、お勧めは、『入浴タイムに1日1回』です。指や口の中の洗浄がしやすいこと、習慣化することができるからです。
湯船に浸かって手足や肩をマッサージすることがあるように、歯ぐきも行ってください。20秒〜1分ぐらいでできる作業です。
また、歯周病の症状がある、口の中がよく乾く、唾液(だえき)量が少ないと感じる、起床時に口の中のねばねばがひどいなどの症状がある人は、1日に3回食後に行うなど、回数を増やすとよいでしょう」

歯ブラシを使うより、人さし指のほうがいいのでしょうか。

「指のほうが、歯ぐきの刺激には適しています。でも、しないよりした方がいいので、歯磨きをするときに、ついでに歯ブラシで歯ぐきを軽くゆるくマッサージするのならよいでしょう。習慣にもなりますから。
ただ、歯ブラシで力を入れてマッサージをすると、歯ぐきを傷つける、炎症のもとになることがあるので注意してください」

最後に江上先生は、

「歯ぐきやあごの筋肉、関節の活性化のためには、よく噛(か)んで食べることが有効です。ひと口に30回、食後にはあごに刺激を感じるぐらいに噛んで食べましょう」

とアドバイスを加えます。



バスタイムに人さし指で歯ぐきマッサージ、そして、よく噛んで食べる。これで口臭、虫歯、歯周病の予防になるなら、すぐに実践あるのみです。

監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・口腔外科の江上歯科院長。

江上歯科 大阪市北区中津3-6-6 阪急中津駅から徒歩1分、地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩4分 TEL:06-6371-8902 http://www.egami.ne.jp/


posted by くりおね at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

顎変形症、放置していたらひどくなる? 【32歳,女性】

質問
私の場合、顎変形症と診断されるでしょうか?このまま放置していたら、
もっとひどくなるのでしょうか?費用は?
顎変形症05.jpg顎変形症03.jpg
 昔から咬み合わせが悪く左でばかり咀嚼していました。
 上下の前歯がかなりずれており、笑うと下あごが左にずれています。
 最近では顔もゆがんできたように思えます。
 このまま放置していたら、もっとひどくなるのでしょうか??
 私の場合、顎変形症と診断されるでしょうか??
 手術の場合、保険は適応されますか??
 矯正で治す場合は費用はどれくらいでしょうか??
 よろしくお願い致します。


昔からかみ合わせが悪く左でばかり咀嚼していました。
 上下の前歯がかなりずれており、笑うと下あごが左にずれています。
 最近では顔もゆがんできたように思えます。
 このまま放置していたら、もっとひどくなるのでしょうか??
 私の場合顎変形症と診断されるでしょうか??手術の場合保険は適応されますか??
 矯正で治す場合は費用はどれくらいでしょうか??
 よろしくお願い致します。

 広瀬矯正歯科院長・広瀬豊先生の回答

 ご心配されている「放置していたら、ひどくなるか」に関しては、極端にひどくなることはないと考えます。
 ただし、あごは基本的に噛む側にずれて行く傾向がありますから、左だけで噛むのはやめた方がよいでしょう。
 さらに片方だけで噛んでいると、あごの関節に障害を来す可能性もありますから、注意が必要です。
 写真では確かに下顎が左にずれているようですが、顎変形症と診断するには情報が不十分です。
 もし顎変形症と診断されたなら、保険適用になり、費用は矯正と外科手術でトータル約30から50万円とお考え下さい。
 一度矯正専門医に診てもらい、意見を聞かれることをお勧め致します。
ラベル:顎変形症
posted by くりおね at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。